青森県|中古|粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|青森

青森県|中古|粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|青森

トラック王国(1社査定) トラック一括査定王(5社査定)

・即日現金買い取り


・手早く売却先を決めるなら1社査定が簡単


・名義変更その他面倒な手続きはすべて代行


青森県対応

・厳選5社に一括査定で最高値を


・時間に余裕があるなら一括査定が高値に有利


・断りを入れる業者にはサイトが「お断り」を代行


青森県対応

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

青森県のご自宅・事業所・工事現場に無料で出張買取に行きます!

 

 

■商用車専門の買取査定サイトをおすすめします

 

青森県にお住いのあなた。

 

粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)を売るかどうか迷っていらっしゃるでしょうか?

 

あるいは今すぐ売るつもりはないけれど何となく査定額(買取相場)が気になるということもあるでしょう。

 

中には事情があって今すぐにでも現金化したいという方もいらっしゃるのでは?

 

そんなあなたには当サイトがおすすめする商用車専門の買取査定サイト(無料)を一度試していただきたいと思います。
<※>粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)は一般の車買取査定サイトでは取り扱っていないか、あるいは極端に低い査定額しかつかないケースが多いです。

トラック王国(1社査定)

 

青森県内すべての地域に出張買取に来てくれます(無料)

・ここは<結果が早い>です。


・金額の提示も早いし、質問の回答も早いし、売却後の諸手続きも早く、なによりも担当者の対応は顧客満足度最上級です。


・<結果が早い>のは「トラック王国」1社だけの査定だからです。


・トラック王国は商用車買取サイトとしてはたぶん最も知名度が高いところではないでしょうか。


粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)はわたしたちの社会のなかでとても重要な役割を果たしている存在ですから、トラック王国が買取する車両の中では最も買取額が安定している車両(高値安定車両)の一つです。

 

・とりわけ近年は、粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)のタマ数が不足していて、全国の買取店では年式が新しくて程度のいい車両はもちろん、ユーザーが「廃車」とあきらめている車両にもユーザー自身がびっくりするような査定額がついています。

 

・たとえば低年式で50万キロ・100万キロオーバーの車両、故障事故バッテリー上がり放置されている車両、キズ・ヘコミなどが多数ある車両、カスタムで個性が強い車両など、日本国内はもちろん、海外の販路を視野に入れると、耐久性抜群の粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)ならまだまだ活躍できます(つまりお金になります)。

 

・また海外の事情を考えると、年式の古い車両というのは特別な価値を持っているのです。

 

粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)の年式が古い場合、それは機構がシンプルで補修がしやすく汎用部品でも直せる・・・ということを意味しています。

 

・こういう古い車両は日本国内はもちろんですが、海外市場ではむしろ<長所>となります(素人でも直せるから)。

 

・文字通り引く手あまたの大人気商品となるんです(だから売れる⇒ちゃんと買取価格が付く)。

 

・今まで放置されていて補修が必要な粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)の場合も、買取店が独自に抱えている修理工場で完成車としてよみがえり、中古車として立派に流通します。

 

・万が一補修不能の車両であっても、エンジンやトランスミッションを始めとして徹底的に部品取りされて、そうした部品が国内・海外の豊富な販路へと旅立っていきます(買う人がいるお金になる査定額が付く)。

 

・要するに売れるんです(廃車で鉄クズなんてもったいない)。

 

・いずれにしても様々な事情でもう使用しなくなった粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)をすぐに何とかしたい、お金に換えたい…というときは、できるだけ短時間で手短に売却先を決めたいものです。


・そんなときの一番のおすすめがトラック王国です。


・1社だけの見積査定なので、金額の交渉を含めても<結果が早い>です。

事業を縮小することになり、現金も必要だったのですぐに対応してもらえる業者を探していた。この業者はその日に現金で支払ってくれると聞いて頼んだが、本当にその場で全て現金で支払ってくれた。引き取った後に名義変更完了の通知が来て安心した。( K・Hさん/男性/40代/青森県)

・とりわけ粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)は国内・海外の高い需要を背景に査定額が高値安定しているのが強みです。


・出張査定してもらっても無料ですし、その場で現金買取が可能です。


・また車両の名義変更など買い取りにともなう面倒な手続きがある場合はトラック王国が代行してくれるので通常業務に影響しないのがありがたいですよ。

「事情があって今すぐ現金が欲しい」という場合、「車検証」「印鑑登録証明書」「実印」を持参していれば最短1時間〜2時間で現金化できます。複数台の車両を売却する場合も1億円までなら現金払いが可能です。すぐに現金化したい人にとってトラック王国ほど心強い業者はないでしょう

青森県内すべての地域に対応

 

 

トラック一括査定王(5社査定)

 

青森県内すべての地域に出張買取に来てくれます(無料)

・より高い査定額を勝ち取るには複数の買取店の競合が有利です。

 

・こちらのサイトでは商用車買取業界の有力5社を厳選しています。

 

・「トラック王国」「1069堂(トラック堂)」「買取の王道」「トラックジャパン」「ソッキン王」の5社です。
 <※>「トラック王国」は上記1社だけ査定の「トラック王国」と同じ買取店です。

 

・この5社は一般の車買取でいえばガリバー・カーセブン・ビッグモーター・カーチス・ユーポスといった大手の買取店です。

 

・あなたが売りたい粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)の情報を1度入力すると、5社から買取額の提示があります。

 

・通常、その中の上位2社〜3社にしぼって交渉を進めます。

 

査定する担当者は他社が競合していることを知っているので、おのずと査定額は上がります

 

粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)は希少で付加価値の高い車両ですからどの買取店も喉から手が出るほど欲しがっている車両で、常に高値安定車両であり、それゆえ常に品薄状態が続いています。

 

・さらにタイミングの問題というものがあって、たとえば買取店Aに、査定に出した車両の条件と似通った条件でタイミングよく引き合いがきていたりすれば、結果的に、買取店Aは他の買取店より高い査定額を提示するでしょう。

 

これこそ複数社で競合する強みと言えます。

 

エンジンの調子が悪く、入れ替えることにしました。ディーラーの下取りは安いのでネットで何社かに査定を出しました。どこも白煙が上がるからと安い金額だったけど、1社だけ高く査定してくれました。本当かなと思ったがちゃんと振り込まれて安心したところです。( H・Mさん/女性/40代/青森県)

グレードは査定額にあまり関係がないと言われていたが、1社だけはそこもプラスしてくれた。中はキレイにしていたので嬉しかった。大切に乗っていた車だったので感慨深かったけど手放すことにした。( S・Nさん/男性/30代/青森県)

 

・いずれにしても、1社だけの査定と違って複数社に査定額を提示してもらう方式なので、商談成立までにはそれなりに時間とエネルギーが必要となります。

 

・事情があって出来るだけ早く現金化したい場合はちょっと気持ちに焦りが出るケースもあるかもしれません。

 

・でもその甲斐あって最終的な買取額はより高額になるのが通例です(世の常ですね)。

 

・結論として、粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)の売却を決断し、なおかつ売却を完了させるまである程度時間に余裕があるなら、「トラック一括査定王」の利用をおすすめします。

 

・希望額に近い(場合によってはそれを超える)買取結果が得られると思いますよ。

 

<※>複数社を競合させ最後に1社を選ぶのですから、当然「お断り」を入れなければならない業者が出てきます。その際「トラック一括査定王」の担当者があなたの代わりに「お断り代行」をするサービスができたんです! 実際やってみるとわかりますが、これはすごくありがたい(精神的負担感を減らせる)サービスですよ。

 

青森県内すべての地域に対応

青森県のご自宅・事業所・工事現場に無料で出張買取に行きます!

青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市

 

東津軽郡平内町、東津軽郡今別町、東津軽郡外ヶ浜町、西津軽郡鰺ヶ沢町、西津軽郡深浦町、南津軽郡藤崎町、南津軽郡大鰐町、北津軽郡板柳町、北津軽郡鶴田町、北津軽郡中泊町、上北郡野辺地町、上北郡七戸町、上北郡六戸町、上北郡横浜町、上北郡東北町 、上北郡おいらせ町、下北郡大間町、三戸郡三戸町、三戸郡五戸町、三戸郡田子町、三戸郡南部町、三戸郡階上町

 

東津軽郡蓬田村、中津軽郡西目屋村、南津軽郡田舎館村、上北郡六ヶ所村、下北郡東通村、下北郡風間浦村、下北郡佐井村、三戸郡新郷村

【青森県|中古|粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|青森県】

 

 

■トラック・重機・バスの買取査定に関する<よくある質問>

事故でキズ・ヘコミがあるトラックは修理してから査定に出すべきですか?
相続の対象となる車両の買取や廃車は可能ですか?
ローンやリースが残っているトラックなどは買取してくれますか?

結論を言いますと、修理しないで査定に出すべきです。もちろん修理してから査定に出したほうが査定額は高くなります。ただ修理にかかった費用分をそっくりそのまま査定額に上乗せしてくれるかというと、そんなことはまずあり・・・続きを読む

たとえば、親が亡くなってその親が乗っていた車を売ろうと思っても、車は相続財産となるので、勝手に売却することはできません。家や土地などと同じように、まず誰がその車を相続するのかを決め、相続人が決まれば、自由に売る・・・続きを読む

ローン、残価設定ローン、リースの契約がまだ残っている車ですが、この車を買取してもらうことは可能です。ただし、必要な手続きを取らなければなりません。具体的には、車の売買をするには車検証上の所有者があなたの名前に・・・続きを読む


車検切れの車は車検を通してから買取査定に出すべきですか?
トラックのクレーンが故障している場合は修理してから査定に出すべき?
法人名義のトラック・重機は買取可能ですか?

結論を言いますと、車検が切れている車両は車検が切れている状態のまま買取査定に出してください。そのほうがソンしないですよ。確かに車検を通してから査定に出したほうがより高い査定額が付きます。しかしその場合、車検に・・・続きを読む

一般的には「査定は現状のまま」が鉄則です。だから事故によるキズ・ヘコミとか車検が切れている場合などは、修理をしないでそのまま査定に出すほうが、結果としてソンをしないで済みます。というのも、各買取店は、通常、自社・・・続きを読む

法人名義の車両の買取はもちろん可能です。個人名義の車両と基本的には何の変りもありません。というか、トラックや重機やバスなどは法人名義の車両であることが普通ですから、買取店としては「手慣れたもの」なのです。個人・・・続きを読む

トラック・重機・バスの買取で必要となる書類は?
車の売却後に必要な名義変更や抹消登録などは誰がやる?
ネットの買取査定より外国人バイヤーのほうが高く買い取ってくれる?

重機の場合書類が必要ないケースもあります・・・あなたでなければ入手できない書類やあなたのサイン・押印が必要な書類については担当者が丁寧に教えてくれるので指示に従うだけでOKです。あまり難しいことを考えずに買取店の・・・続きを読む

トラックやマイクロバスなどを買取店に売却した場合、ナンバープレートを返納したり、車検証の名義変更をしたり、抹消登録をしたり、自動車税・自動車重量税の返還や自賠責保険の解約・・・といった手続きをする必要があります・・・続きを読む

「日本車」「Japanese Car」「Made In Japan」は海外では巨大なブランドです。日本で役目を終えた車両でも海外ではまだまだ現役で活躍できる車がたくさんあります。そういう事情を背景に、外国人が直接トラックや重機など・・・続きを読む

>>(青森県対応)特殊車両の買取査定サイト【無料】

 

【青森県|中古|粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|青森県】

 

 

■商用車専門の買取査定サイトを利用した人(個人・法人)の声

 

会社をたたむことになり、全部で8台のミキサー車を売ることになった。どうせ分割になると思っていたが一括で支払ってくれて驚いた。入金も指定した日に入れてくれて引取も一回で済ませてくれた。いっぱい売る時は色を付けてくれるみたいでそれも嬉しかった。どこまでもありがとうございました。( Y・Kさん/男性/40代/青森県)

 

随分ほっといた活魚運搬車でバッテリーも上がっていたのにバッテリーを持ってきてくれて繋いでくれた。かなり汚れていたのにイヤな顔一つせず細かいところまで見てくれた。一生懸命さに打たれてその場で売ることを決めてしまいました。( H・Dさん/女性/50代/青森県 )

 

インターネットで査定依頼を入れて、20分後に連絡が来てビックリした。概算金額と聞いたけど、実際にウチの保冷車を見てもらって出た最終金額が変わらなかったのでそれにも驚いた。

( S・Hさん/男性/40代/青森県 )

 

かなり走ったクレーン車だったので、正直査定額は期待していなかった。地元業者で納得いく値段が付かず、ネットで見つけた買取査定に依頼してみた。最終的に希望の金額で買い取ってもらえて満足した。( Y・Tさん/男性/40代/青森県)

 

地元の車屋に出戻りで清掃車を引き取ってもらおうとした。見てももらったが状態が悪かったようでいくらにもならなかった。試しにネットで買取査定してもらったが海外で需要があったそうで、何倍も高い査定額が出てきてびっくりした。( K・Yさん/男性/40代/青森県)

 

レンジャーのユニックを売ろうとしたが、自分でも気づいていなかったクレーンの不具合を説明してくれた。細かく査定額の内訳を説明してくれたので安心して任せられた。( T・Kさん/男性/40代/青森県)

 

新車で購入したバキュームカーだったが、人員整理があり泣く泣く査定に出した。他社では新古車は相場が分からないとあり得ない査定額だったが、1社だけレンタルで使うということで、倍以上の査定額を付けてくれた。助かった!(H・Oさん/男性/50代/青森県)

 

50万キロ越えたパッカー車だけれど書類を出したらを即買い取ってくれた。売った後の対応も早く、名義変更をちゃんとやってくれるか心配してたけどキチンと丁寧に対応してくれて安心した。(R・Eさん/男性/40代/青森県)

>>(青森県対応)特種用途自動車の買取査定サイト【無料】

 

【青森県|中古|粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|青森県】

 

 

 

■故障車・事故車・冠水車・水没車・不動車・過走行・低年式・バッテリー上がり・キズ・ヘコミの特殊車両も高額査定・高価買取できる理由

 

低年式でも買取OKの理由

排ガス規制前(NOx・PM不適合)の車両や、年式が10年〜20年落ちの車両でも大丈夫。サビや破損が激しく、どこの業者にも買取ってもらえないような古い車両にも価値はあります。「低年式だから欲しい」という人もいるのです(安くて機構がシンプルだから)。

過走行でも買取OKの理由

100万kmオーバーのトレーラーヘッド・大型ダンプ・大型ウィングから、20万km〜30万kmオーバーの高所作業車・クレーン車・冷凍車などなど・・・あるいは走行距離が不明で、年式が古く値段がつかないような特殊車両・特種用途自動車も買取ります。

水没車(冠水車)でも買取OKの理由

台風・集中豪雨などによって水没してしまい、動かなくなった冠水車(水没車)でも買取可能です。一般的に買取業者では敬遠されてしまうこともある冠水車ですが、部品を再利用する販路を確保しているので買取OKです。このような車両でもニーズが充分ありますからぜひ査定依頼して欲しいです。

事故車でも買取OKの理由

事故などによって動かなくなった冷蔵冷凍ウイングや、修復歴があるトレーラーヘッド(トラクターヘッド)も買取いたします。こうした車両をお持ちの方は手続きが面倒な廃車処分を行わないでぜひネットの査定をご利用ください。 一見価値のなさそうな車両でも現金買取することが出来ます。気軽かつおトクに車両の処分が行えます。

不動車でも買取OKの理由

ディーラーや多くの買取業者で「0円」と切り捨てられてしまったような不動車や、事故・故障などで動かなくなった冷蔵冷凍ウイング。またエンジン・部品が故障して「これはもう廃車するしかない」というその他特殊車両も諦めず査定依頼してください。

故障車でも買取OKの理由

パーツの故障やエンジンの破損で事業所の片隅に放置している車両はありませんか。一見寿命を過ぎたように見える車両にもちゃんと価値があります。部品のみの買取も可能ですからまずは無料査定をご利用ください。

バッテリー上がりでも買取OKの理由

長期間放置していたためバッテリーが上がってしまって自走不能となった特種用途自動車もOKです。気軽に無料査定をご利用ください。過去の実績を見てもバッテリーが故障していてエンジンがかからないなどバッテリー絡みのトラブルがある特殊車両の高額買取の実例は多数あります。

キズ・ヘコミでも買取OKの理由

キズやサビ、動作不良があっても高額買取できます。バンパーのくぼみ、タイヤのすり減りも、査定前に修理などする必要はありません。高い修理代でかえって損をすることになるからです。キズのある状態のままで無料査定をご依頼ください。

>>特殊車両の買取査定サイト【無料】(青森県対応)

 

 

 

■特殊車両・特種用途自動車の種類と特徴

 

粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)
粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)は固体・液体・気体を運搬するための特殊車両です。主にガスや石油、化学薬品などの運搬で活躍しています。そのため中古車市場での需要も高く、高値で買い取れ安価で販売できる流通が整っております。

 

コンクリートポンプ車
コンクリートポンプ車はコンクリート(生コン)を型枠へ流し込むための特殊車両です。主に工事現場や建築現場で使用されています。そのため中古車市場でも需要が高く、高値で買い取れ安価で販売できる流通が整っております。

 

バルク車
バルク車は、石灰や化学薬品などの粉粒体を運搬するためのトラックです。 食品業界から化学業界まで幅広い分野で使用されているため、中古車市場でも需要があり高値での買取、安価での販売ができる流通が整っております。

 

散水車
散水車は、路面の清掃を行うための散水装置を搭載したトラックです。 清掃以外にも工事現場での砂塵巻き上げ防止など様々な現場で使用されるため、中古車市場でも需要が高く、高価買取の車種となっています。

 

活魚運搬車
活魚運搬車は、漁港から生きたまま魚を運搬することができるトラックです。 鮮度が重要な飲食店にとっては欠かせない存在のため、中古車市場でも需要が高く、高価買取が期待できます。

 

家畜運搬車
家畜運搬車は、トラックの荷台に牛や豚などの家畜を乗せて運搬する車両です。 生体を輸送するにあたってストレスフリーでの運搬が可能なため、中古車市場でも需要が高く高値での買取が通例となっている車種です。

 

高所作業車
高所作業車は高所で作業を行うため作業台を昇降させる装置を有する特殊車両です。トラック搭載型以外にも自走タイプの高所作業車も存在しており、いずれも中古車市場では高値買取されています。

 

穴掘建柱車
穴掘建柱車は掘削・建柱・吊上げ・抜柱を行なえる掘削スクリューを装備した特殊車両です。主に、建柱工事や基礎工事で使用されています。そのため中古車市場でも需要が高く、高値で買い取られています。

 

木材運搬車
木材運搬車は、アオリの代わりにスタンション(ポール)が搭載されたトラックです。 林業で原木を運搬する際には欠かせない車両のため、中古車市場でも需要があり、希少なので高値で買取されています。

 

清掃車
清掃車は、路上の汚れやゴミを走行しながら清掃・除去するトラックです。 高速道路や幹線道路の路面清掃には欠かせない車両のため、中古車市場においての需要も高く、高値で買い取れ安価で販売できる流通が整っております。路面清掃車、道路清掃車、ロードスイーパーとも呼ばれます。

 

コンクリートプラント
コンクリートプラントとはコンクリートを製造する設備をいいます。そしてこのコンクリート製造設備を搭載した車をコンクリートプラント車と呼びます。移動式バッチャプラントと呼ばれることもあります。通常、コンクリートはコンクリートミキサー車で運びます。コンクリートミキサーは生コン車、アジテータトラック、移動式ミキサと呼ばれることもあります。いずれも完成したコンクリートの状態を安定させるために回転させて運ぶ車です。対してコンクリートプラントはコンクリートを製造する設備ごと運びます。

 

散水車
散水車は水をまく装置(散水装置)を備えたトラックのことです。主に道路に水をまくために用いられ、撒水車と呼ばれることもあります。見た目にはまさに粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)そのもので、大きなタンクに散水用のノズルが付いています。散水方法は機械式コントロール方式と電気式コントロール方式があります。散水ポンプの駆動能力は基本的に走行用のエンジンから取り出しています。

 

粉粒体運搬車
粉粒体運搬車(飼料運搬車)は馬や鶏、豚などを飼育している農家に家畜の餌を輸送する専用トラックです。主に運搬されるのは草、ドックフードのような乾餌、木に実などです。内部がいくつかに区分けされているため、1台で同時に何種類もの飼料を運べます。圧縮空気でタンク内に圧力をかけて、飼料を流動化し効率よく排出します。青森県や東北など広い地域では連結状態で走行するトレーラー型もあります。粉粒体運搬車(飼料運搬車)はバルク車、バルクローリーと呼ばれることもあります。また積荷の排出方法でホッパー車、エア車と呼ばれることもありあます。

 

マルチリフト
マルチリフトとは荷台部分を脱着できる車のことです。正式名称を脱着ボディーシステム車といいます。「マルチリフト」という名称は正確ににはカナダのヒアブ社の商品名です。また、マルチリフトを一般的にアームロールと呼びます。ホッチキス、セロハンテープのように新明和工業社製の脱着ボディーシステム車が一般名詞化し、こう呼ばれています。他にもフックロール、ロールオンと製造会社によって呼び方が変わることもあります。いずれもトラック部分とボディ部分が脱着できるシステムの車で機能に大きな差はありません。

 

バキュームカー
バキュームカーは昭和26年、川崎市が全国に先駆けて開発導入したのが始まりです。その後、衛生的であるという理由から全国に広まります。昭和50年以降は、下水道が整備されて活躍する機会が随分と減りますが、下水道の整備が遅れている地方では家庭用浄化槽が使われており、まだまだ活躍の機会があります。建設現場の仮設トイレなど、現在でもまだまだ活躍できる車輌です。最近では、バキュームカーか汚いというイメージを払拭するために積載部分をバン型車と同様にステンレスのアオリで囲ってしまい、周囲からはバキュームカーだとは分からない仕様と外見の車輌もあります。

 

バキュームダンパー
粘性があるものを吸い込んで積載し運搬する車両のことで、汚泥・廃水処理に利用されます。「汚泥吸引車」「強力吸引車」とも呼ばれます。荷台に汚泥などを吸引するためのバキューム装置、回収した汚泥などを貯蔵するタンクを装備しています。車体は、排出が容易にできるよう、ダンプ機構を搭載しているものがほとんどです。工場等の廃液や農業廃液、道路の側溝、公共排水路、下水道マンホールなどの汚泥回収など、幅広い用途があります。下水管やマンホールなどを清掃する際に、高圧洗浄車をともなって作業をする場面も多々見られます。
吸引車
吸引車とは粘性がある液体や固体を吸引し、積載運搬することができるトラックです。主にし尿を汲み取るものをバキュームカーと言い、それ以外の用途で使われるものをバキュームダンパーと呼び区別しています。液体以外では焼却場の灰や土砂などの吸引などにも使われます。汚泥の脱水能力があるものもあり、様々な用途で活躍します。吸引方式は真空式とブロア式があります。汚泥吸引の場合には真空式、強力吸引の場合にはブロア式が使われることが多いようです。またバキュームダンパーはタンクにダンプ機能を備えているものが多く効率的に内容物を排出することができます。

 

粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)
粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)は宿泊できる設備を備えた車を言います。粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)というのは日本での呼び方です。アメリカでは大型自走式をモーターホームと呼び、ドイツではけん引タイプをキャラバンなどと呼びます。これを日本では「宿泊できる設備」があれば全てまとめて粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)と呼んでいるのです。日本で見られる粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)はキャブコンバージョン、バンコンバージョン、バスコンバージョン、軽キャンパーの4つに分けられます。乗車可能人数は一番大きいバスコンバージョン6人?10人、軽キャンパーでは2人です。

 

コンクリートポンプ
一般車両が進入できない狭い場所や高層建造物などの高い場所に、生コンクリートを圧力ポンプを使って輸送する車両です。生コンクリートは、コンクリートミキサー車によって運ばれ、コンクリートポンプに受け渡される形になります。生コンクリートを作業場所に圧送するためのホースと、折りたたみ式のブームを装備しており、高所や離れた場所にも圧送することが可能です。作業時にアウトリガーを地面に張り出して作業する「ブーム車」、ブームが装備されていないので、作業場でホースを直接配管して圧送する「配管車」があります。配管車はブームを装備していないため、アウトリガーを張り出すことがないので、狭い場所等への圧送に適しています。

 

レスキュー車
救助工作車でレスキュー隊が使用するためにレスキュー車と呼ばれています。東京消防庁では「救助車」と呼ばれています。車体の形状、車検証の記載は「消防車」で消防車独自の赤いボディーの特種用途8ナンバーに該当する。保険扱いでは緊急用車輌になります。レスキュー隊が必要とする救助用の資材を搭載し現場に急行することを目的としています。強い力で巻き上げを可能とするウインチを備えます。夜間の作業現場を照らす照明装置や倒壊した建築資材や車などを持ち上げるクレーンなどを備えています。前方にウインチを装備しているためにバンパーが他の消防車よりも張り出しているのが特徴的です。

 

消防車
火災およびその他の災害に際して、その鎮圧や人命救助を行なうために使用する特殊機構を持つ車両をいいます。日本では車体が赤色に統一され、特種用途自動車であるとともに、緊急自動車にも指定されています。保有機関は、各地の消防本部や消防団、空港、化学工場や石油化学コンビナートなど危険物保有施設、原子力防災組織など多岐に渡ります。
一般的に消防車と言えば、揚水・放水機能を持つポンプ車(「消防ポンプ自動車」)を指します。ホースや吸管、小型のはしご等を装備し、ポンプで消火栓などから水を汲み上げ、放水します。その他、化学消防ポンプ消防車・はしご車・大型水槽車・無人放水車など多種多様です。

 

はしご車
はしご車は機械の力で伸び縮みできるという意味では、明治37年に最初のはしご車が出来ます。ドイツからの輸入によるものです。国内の1号車は昭和5年呉市の消防局への配備です。初期のはしご車は24mまでが主流で高層階への対応が始まったキッカケになったのが元東急日本橋店のビル火災です。はしご車とは運輸省の定める車体の形状にそった高所作業車や消防車などの固有特種車輌ではなく「はしご車」としてその用途にそった専用に架装された構造をもった「消防車」の中の一部機種になります。主に高所での消防活動を容易にするために架装された車輌です。用途はビルなどの高層箇所に取り残された人の救出活動や高所からの放水作業に利用されています。最近では歩道が整備され歩道上には架線があります。またセットバックしているビルの構造も多く存在しそういった障害物にも柔軟に対応出来るように先端屈折式はしご車が採用されています。

 

高圧洗浄車
強力に噴出する水力によって、付着物や凝固物などの除去を行う車両で、「ハイプレクリーナー」とも呼ばれます。 道路側溝の清掃および汚泥の除去、下水管に付着したモルタル等の除去、プラントの熱交換機・タンク・各種配管などの洗浄を行います。噴射用の貯水タンク、高圧水ポンプ、高圧ホースを荷台部分に装備し、高圧ホースの先端には噴射ノズルが取り付けられています。噴射ノズルは、汚泥などの堆積具合や下水管の太さなどの状況に応じて、交換することが可能です。種類も豊富なノズルによって、塗装膜の剥離、木材の皮剥ぎ、船体の貝殻除去など用途がさらに広がります。

 

>>(青森県対応)特種用途自動車の買取査定サイト【無料】

青森県のご自宅・事業所・工事現場に無料で出張買取に行きます!

青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市

 

東津軽郡平内町、東津軽郡今別町、東津軽郡外ヶ浜町、西津軽郡鰺ヶ沢町、西津軽郡深浦町、南津軽郡藤崎町、南津軽郡大鰐町、北津軽郡板柳町、北津軽郡鶴田町、北津軽郡中泊町、上北郡野辺地町、上北郡七戸町、上北郡六戸町、上北郡横浜町、上北郡東北町 、上北郡おいらせ町、下北郡大間町、三戸郡三戸町、三戸郡五戸町、三戸郡田子町、三戸郡南部町、三戸郡階上町

 

東津軽郡蓬田村、中津軽郡西目屋村、南津軽郡田舎館村、上北郡六ヶ所村、下北郡東通村、下北郡風間浦村、下北郡佐井村、三戸郡新郷村

【青森県|中古|粉粒体運搬車(バルク車・バルクローリー・ホッパー車・エア車)|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|青森県】